りんりんBlack Saxブログ---Sax Player林遼佑

ブラックサウンドを追求するSax Player 林遼佑 (a.k.a.りんりん,rinparker)のページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もういいかげん

まじめに書く。
どうもサボリ癖があるのはいいかげん治さんとあかんな。。

地元のアマチュアビッグバンドのことでも書こうかな。



僕は西のほうのぴっぴが有名なところ出身なんですけど、、、てかぴっぴ分からんか。方言やし。
うどんの国です。

その片田舎にも音楽はある、ジャズはある。


高校のOBさんがリーダーのアマチュアビッグバンドの演奏は衝撃的でした。
最初聞いた曲はなんだったんだろうな。もう覚えていないけど、fast numberだった気がする。
ビッグバンドというものを始めて生で聞いて圧倒されたのは覚えてるな。

特にリーダーやってるOBさんはすごい人。
一言でいうと、生命力あふれる人で、説得力が半端ない、強烈な人・・・、うーん一言じゃムリ。


なんにせよ、その人との出会いがなければ僕とJazzとの出会いはなかったかもしれない。
最初にくれたCDにパーカーが入っていて、その音楽が僕の人生を決めてしまったのだから。
Charlie Parker、 Count Basie、 Thad Jones=Mel Lewisとの出会いはOBさんのおかげで、今でもmy favoriteなんです。僕の音楽を今でもしっかりと支えてくれるその柱の設計士さんみたいな存在。


ジャズの最初の先生と呼べる。
うん、このシリーズいいな。先生シリーズ書いてくことにしよう♪
スポンサーサイト
  1. 2009/11/10(火) 03:49:53|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<クレイジーハッツ | ホーム | なんだかんだで>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blacksax.blog61.fc2.com/tb.php/4-a4e229ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ルーツを探るシリーズ1

最近僕のwebでの発信は、けっこう実名になってきてるんです。 ま、いっか、ていう気持ちが大きいかな。プライバシーとか考えれば匿名の方が...
  1. 2010/07/09(金) 04:21:56 |
  2. リンリン black sax ブログ

黒いアルト、バリ、テナー、フルート、 Jazz Funk Soul R&B Gospel Blues などブラックミュージックを追求しています。 Sax林遼佑に関するお知らせページ・感じたことを伝えるブログ

rinparker (林遼佑)

Author:rinparker (林遼佑)

林遼佑 (Hayashi, Ryosuke)

1986年生まれ、香川県高松市出身。幼少よりピアノ教室に通い、中学高校時代は吹奏楽部でチューバを担当。高松高校卒業後、国際基督教大学に進学。2006年に同校ビッグバンドModern Music Societyにてアルトサックスを始め、向井志門氏に師事。2007年3月アメリカツアーを経験し、"Nothing Personal"レコーディング参加、ディズニーランド・リゾート出演。在学時よりプロ活動を開始。向井志門&The Swingin' Devilsの運営に携わり、Swingを社会に発信し続ける音楽家となる。GUSH-The Groove Usher-メンバー。2012年SETO Creationに出演。『上海グッド・オールド・デイズ』『カーテンタイム・イン・タイム』『DIVA』など、音楽劇出演多数。また、Sax四重奏The SaxoHonkerzバリトンとして、路上,病院,幼稚園から東京スカイツリーまで、様々な場所で活動中。 music=expression=myself。

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (3)
ライブ関係 (23)
音楽 (4)
雑記 (36)
音楽考察 (2)
ルーツを探る (1)
お知らせ (3)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。