りんりんBlack Saxブログ---Sax Player林遼佑

ブラックサウンドを追求するSax Player 林遼佑 (a.k.a.りんりん,rinparker)のページ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

うん、備忘録

完全に人に見せるようではありません。
備忘録。

低倍音、超はっきりタンギング、波・ビブラートで音を構築。舌の裏から息を流すかんじ。
バスドラとベースのチューニング。
グローバルスタンダード→10歳の男の子の話。
マーヴァホイットニーから。エンターテイメントショー+クール、会話もリズミカル、ドライなイメージ。

うん、せっかくだから10歳の男の子の話をしとこう。
先生のヨーロッパツアーの土産話から。日ごろの研究を再確認・発展させられる話。

日本人の音は文化的な習慣みたいなもののせいで、どうもウェットでやんわりした音になる。十分うまい人でも。
たぶん言語的な発音のせいもあるし、日本の民族的な音楽文化にもよる。その根底には個性よりも和を重んじる精神文化もあるかもしれない。
原因はどうであれ、そのような音のイメージはアフリカのビートを基調とするジャズには合わない。特にリズムの面で。
で、海外ミュージシャンを参考にするともっとはっきりドライに、しかも低い音のイメージで演奏しているということに気づくのだけれど、それはどうやら、海外の有名ミュージシャンだからでなく、やはり文化の違いが大きいのではないか。

なぜかというと、ヨーロッパの楽器屋のレッスンで、おそらく楽器をならい始めてまだ間もないであろう10歳の子の音が、めちゃくちゃはっきりと低い音で鳴っていたらしいからです。楽器の音もまだ満足に出せない子で、あ、出た、っていう音が低かった。これには驚いたそうなのです。全部聞いた話ですが。

試奏するアマチュアらしき人もめちゃめちゃビブラートだったらしいし。

楽器は震わせてなんぼですね。低い音が鳴ってはじめてベイシーのサウンドに・ジャズの音に近づけるんだと思う。。

りんりん
スポンサーサイト
  1. 2009/12/17(木) 18:27:18|
  2. 音楽考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<12/19@東京倶楽部 | ホーム | ライブ告知なんかしてみる。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://blacksax.blog61.fc2.com/tb.php/8-8bd69f19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黒いアルト、バリ、テナー、フルート、 Jazz Funk Soul R&B Gospel Blues などブラックミュージックを追求しています。 Sax林遼佑に関するお知らせページ・感じたことを伝えるブログ

rinparker (林遼佑)

Author:rinparker (林遼佑)

林遼佑 (Hayashi, Ryosuke)

1986年生まれ、香川県高松市出身。幼少よりピアノ教室に通い、中学高校時代は吹奏楽部でチューバを担当。高松高校卒業後、国際基督教大学に進学。2006年に同校ビッグバンドModern Music Societyにてアルトサックスを始め、向井志門氏に師事。2007年3月アメリカツアーを経験し、"Nothing Personal"レコーディング参加、ディズニーランド・リゾート出演。在学時よりプロ活動を開始。向井志門&The Swingin' Devilsの運営に携わり、Swingを社会に発信し続ける音楽家となる。GUSH-The Groove Usher-メンバー。2012年SETO Creationに出演。『上海グッド・オールド・デイズ』『カーテンタイム・イン・タイム』『DIVA』など、音楽劇出演多数。また、Sax四重奏The SaxoHonkerzバリトンとして、路上,病院,幼稚園から東京スカイツリーまで、様々な場所で活動中。 music=expression=myself。

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (3)
ライブ関係 (23)
音楽 (4)
雑記 (36)
音楽考察 (2)
ルーツを探る (1)
お知らせ (3)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。